1. HOME
  2. >
  3. イントロダクション

イントロダクション

現在・未来と、ITは企業活動の省力化・合理化を推進する上ではもちろんのこと、経営戦略にも欠かすことのできないツールとなっております。

しかし、現実的には「機能を十分に使いこなすことができない・イメージと異なる・真の改善に繋がっていない」等、導入側から不平、不満の声が聞かれるのもまた事実です。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

これには、提供する側(メーカー、ベンダ等)と導入する側(ユーザー)の双方様々な問題が考えられますが、一つの大きな要因としまして、「売る側と買う側の取引がフェアに行われていない」ということが、挙げられるのではないでしょうか。

導入する側が、提供する側と同程度の知識を持ち得ることは、非常に困難であるといえます。

したがって導入する側は提供する側を信じる一方となってしまい、ここに取引の不公平が生じます。

もし、メーカーの論理に捉われない真の第三者が導入側のニーズに合致したハードウェア・ソフトウェアの選定から開発、導入後の運用まで責任を持ってサポートできたら...

私たちは、常に導入側の立場にたって物事を考え、導入側のニーズに最適なシステムを提供する情報化社会の案内人を目指しております。

私たちの考え

私たちコンピューターシステム研究所は、独立系のソフトウェアハウスであり、システムを導入する企業へ直接企画・提案しユーザーニーズに合致したオーダーメイドシステムをすべて自社にて設計・開発し提供しております。

IT業界のソフトウェア開発プロジェクトは、開発システムの規模にもよりますが複数のソフトウェア開発企業による協力体制で成り立っていることが多くございます。
大別しますと、当社と同じようにシステムを導入する企業へ企画・提案のうえ受託開発し販売するソフトウェア開発会社(いわゆる「元請け」)と、そういった会社から開発を下請受託する協力会社に大別されます。

しかし、いわゆるこの「元請け」企業でも、自社では上流工程となる要件定義・設計工程のみを行い、以降の下流工程は協力会社へ外部委託する、または、すべての開発工程を協力会社へ委託という場合も往々にしてございます。更に協力会社も、2次、3次…等の諸々複雑な多重構造となります。

これでは、システム開発に係わる企業が必然的に多くなり、それぞれにマージンが発生してしまう為、結果として開発費用が高額にならざるをえない状況となるのは当たり前であり、その不明瞭な負担はこういった実情を認識していないユーザーが背負うことになります。

また、協力会社としてシステムを開発する企業でも一つのシステムすべての開発に携わることができれば良いのですが、現実には、機能全体の特定部分のみ請け負うという場合も多くございます。

これでは、システム開発に携わっているにも係らず、システムの全体像を把握することも難しく、実際にシステムを導入するユーザーの顔も見えないため、開発側の「やりがい」も感じられないのではないでしょうか。

私たちは、創業以来一貫して様々な企業様へ業務の省力化、合理化等を目指し直接提案のうえ、100%自社にてシステムを開発して参りました。

これは、開発コストを安価に抑えるということは勿論ですが、ご担当者様と顔を合わせ実際に困っている点、改善したい点等の情報をヒアリングしたうえで、意思統一のなされた社内SE、プログラマーと細かいレベルまで情報を共有し、すべてユーザー目線にてシステムを開発することを心掛けております。

勿論、システムは開発し提供して終わりではなく、導入後が最も重要となります。導入後の運用フォローも当社スタッフが責任持って対応させていただいております。

システム開発にて重要となるのは、システムを開発する側の独りよがりなシステムではなく、システムをご利用いただく企業の経営陣・現場の皆様が納得される質を保てているのかと考えられます。この質の根本となるのは開発に携わるすべての人間が導入側の立場に立ってシステム仕様を考え、意思統一をなされておるのかというものと考えております。

顔の見えない開発スタッフ同士にて質の高いシステムを提供できるとは考えておりません。

当社は、ユーザー様が企業活動を遂行するうえで最も重要となる核・基幹部分をシステムを通じて陰ながら支え、システムを活用していただけることこそが私たちの最大の活力であり喜びとなります。

私たちコンピューターシステム研究所はユーザー様から見て単なる業者というスタンスではなく、ユーザー様と共に未来永劫発展していく為のパートナーとして認めていただけますよう日々精進し、プライドを持って活動しております。

開発システムについて

ソフトウェアの開発会社には、特定の分野・業種毎に特化したシステム開発会社が多いように思われます。

これは、ある特定の業種に向けてシステムを開発していたほうが効率も良く、開発する側の労力、経費を抑えることが可能となる為であります。

当社はそういった開発会社とは異なり、日々チャレンジとの精神で、これまでありとあらゆる業種・業態のシステムを開発して参りました。

これには、創業以来、大変な時間と労力が必要となりましたがシステム開発会社にとって大変重要となるあらゆる業種の仕組み・ノウハウを蓄積することができました。

この、長きにわたり培ってきたノウハウを最大限活かすことにより特定のシステム概念に捉われることなく異業種システムであっても、それぞれに優れた機能を各システムへフィードバックすることが可能となりました。

しかし、同業種のシステムと申しましてもシステムに要求される機能が同等で良いということにはまったく繋がりません。

基本、同業種システムであれば根本となる必要機能は同等であると考えられますが、実際には、同業種の企業様でも、まず企業規模が異なり、システム運用に係るスタッフの人数、環境、オペレーティングスキル、運用形態、管理レベル等は間違いなく異なります。

その為、同業種システムだから問題なく運用に耐えられるだろうと考えても、実際にはまったく使いものにならないシステムもございます。

世の中には市販されている低額から高額な汎用的なパッケージシステムは多々ございます。こういったパッケージシステムに運用を合わせることが可能な企業様であれば問題無いのでしょうが、当社のユーザー様は業務の合理化・省力化・一元管理を目的とされておりますので、パッケージシステムでは実運用に耐えられないとの企業様ばかりです。

そういった点を改善する為、私たちは、ユーザー様オリジナルとなる100%オーダーメイドシステムの開発から、特定部分のカスタマイズを行うセミオーダーシステムまで、その企業様の運用に合致した仕組みにてご提供しております。

また、企業の運用形態は変化していきます。システムの導入当初は問題無かったが、現在の運用には合わなくなってしまった等のパターンも考えられます。

そういった場合でも私たちのシステムはパッケージシステムではございませんので、企業の成長に合わせて共に発展していくシステムとお考えいただければと存じます。

選定ハードウェアについて

私たちはソフトウェアの開発会社です。

しかし、ソフトウェアもハードウェアが無ければ活用することはできません。

その為、様々な状況を見極めたうえで数あるメーカー・製品の中からユーザーのニーズに合致したハードウェアを選定しご提案をする必要性がございます。

ここでポイントとなるのが、私たちは、創業以来単独資本にて活動しておる独立系のソフトウェアハウスとなります。ユーザー様からのご要望を大前提とし、当社の提案を併せたうえで、どこのメーカーにも左右されず公平な目でハードウェアを見極められるということです。

メーカーの資本や契約にしばられているベンダやサプライヤーであれば、特定メーカーのハードウェアの中から選定のうえ提案しなければなりません。

これは仮に他社製品に性能・価格で劣る場合であってもです。これがメーカー側の論理です。

私たちは、どこのメーカーにも縛られておりません。

あくまでも、導入側が何を目的とし、どのような構成でどういった運用形態にて使用するのかをヒアリングしユーザー側のニーズに合致した最適なハードウェアをご提案いたします。

事業内容

≪ソフトウェアの企画・設計・開発・販売・保守≫

≪ハードウェアの選定・調達・販売・保守≫

≪総合コンサルティングサービス≫

≪Webサイトの企画・設計・開発・販売・保守≫

お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
ページ先頭へ

株式会社 コンピューターシステム研究所

〒963-0108 郡山市笹川1丁目100-1 Tel.024-947-4770 Fax.024-947-4772